今話題の岸見一郎さんの「嫌われる勇気」からの引用です。

 

========

あなたが変われば、周囲も変わります。変わらざるをえなくなります。
アドラー心理学とは、他者を変えるための心理学ではなく、自分が変わるための心理学です。

========

 

 

 

結婚して30年近くなる女性が最初は姑さんとの関係で相談に来られた。

しかし、隠れ悩み、あるいは無意識悩みともいう。

 

 

姑さんが独り暮らしになったから同居を始めた。
そこから主人と喧嘩が増えた。考えの違いをわかってくれない。

私の気持ちをわかってくれない。

主人は姑さんを選んでいる。私と別居をしたいのかと思うと、腹が立つし悩んでいる。

 

 

しかし、

ご主人とは話はするが家庭内別居だ。(夜の夫婦生活無い)

休日の過ごし方もご主人とは別々がほとんどだ。
クライアントの女性はサークル活動をしているから、一緒に何かするとか過ごすは、20年ぐらいは無い。

 

 

そして、その状況に満足していた。

 

 

しかし、姑さん同居後から

 

自由が減った。

家事の余分が増えた。

主人が自分の親なのに面倒をみない。

ご主人の給料を自由に使う金額が減ってきたこと。
専業主婦で収入がないこと。

 

 

だから自分から「出る」別居を言い出せない

 

 

 

そして
いつまでこの同居が続くかと思うと、しんどいそうだ。

 

ご主人にどうやったら、姑さんの面倒や世話をしてくれるか?
教えて欲しいという。

 

 

 

 

ご主人はあなたの思い通りにはならないことを伝える。
先ずは
あなたがご主人との関係をこのままがいいと望むなら、
ご主人は変わらない。

 

 

あなたがご主人との関係を修復して、
仲良く会話を毎日するとかができ
尊敬する言動から生まれてくれば、
ご主人も変わる可能性はあるが

 

 

ご主人と心の中で離れたい、

 

亡くなればいいと、

 

 

思っているとその言動が無意識にでているかもと伝えると、
心の奥に閉まっていた、結婚当初からのご主人への不満が
あふれ出るでる。

 

 

もし、家庭内別居中のご夫婦でこのまま別居を望み、心の距離も離れていく、魂も離れる状態でOKなら、このまま改善策を考えてご主人が帰ってきたいと思える奥様になる。

 

 

心の距離も離れていく、魂も離れる状態を選ぶか
ずっと一緒であなたと居たいと思える状態を望むか
どちらを選ぶのも自由である。

 

 

選ばない選択も自由である。

 

 

クライアント女性は本心に辛くなっていたが、涙を流し切ると心がスッキリとなり
独りで経済もなく生きていけないなら、縋り付く執着した夫婦生活を継続していこう。

 

 

せっかく一緒に夫婦で居るのだから、時間を楽しんで、夫婦であることに感謝を持てるように考え方のポイントチェンジに気付いた。

 

 

他者に変わってほしいは無理です。


The following two tabs change content below.
ながたゆかり

ながたゆかり

HAPPYカウンセリングのカウンセラーです。ながたゆかりのモットーは「明るく優しく癒しを与える」です。気軽にご相談ください。

HAPPYカウンセリングの特徴

悩みを解決をしたいけど・・・。
どんなカウンセリングなのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
HAPPYカウンセリングは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、カウンセリング方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 090-6431-1211 受付:9:00~19:00
定休日:完全予約制
住所:広島県東広島市高屋町大畠549-5
行き方:JR山陽本線「西高屋駅」から車で3分